STDとは? ~性感染症予備知識~

性感染症(STD:Sexually Transmitted Disease)とは?

couple_pic

セックス、キス、オーラルセックスなどいろいろな性行為によって感染する病気を性感染症と呼びます。厳密な意味ではカンジダや細菌性膣症は性感染症ではありませんし、性病と性感染症も細かい定義は異なりますが、ここでは便宜上、性行為に関連の深い病気、性行為によってうつる病気を性感染症と呼んで紹介していきます。

HPV感染(子宮頚がん)

今や子宮頚がんの原因は性感染症というのはもう常識ですよね。HPV(Human Papilloma Virus)というウイルスが原因で女性に子宮頚がんを起こします。がんになりやすいハイリスクタイプのHPVの持続感染がいちばんの危険要因です。詳しい説明はこちら

淋病

淋菌(リンキン)の感染で起こる病気で、性器同士の接触、また白千歳行きの接触により病原体が移動して感染します。主に男性の尿道炎、女性の子宮頸管炎を起こします。淋病について詳しい説明はこちら

クラミジア

クラミジアの病原体が、淋菌同様性器同士の接触、また白千歳行きの接触により病原体が移動して感染します。尿道炎や咽頭炎(のどの炎症)といった性感染症(性病)の代表的な病気です。クラミジアは、細胞の中に入り込んでから増えるまでに最低でも72時間(3日間)が必要ですので、感染して数日から一週間以内は症状がないか極めて乏しいのが特長です。しかし、クラミジアに感染することで、不妊症やHIVなどのリスクが高まりますので、症状が乏しいからといって安心してはいけません。クラミジアについて詳しい説明はこちら

性器マイコプラズマとウレアプラズマ

クラミジアも淋菌も検出されない尿道炎を「非クラミジア非淋菌性尿道炎」といいますが、まさにこの主役がマイコプラズマやウレアプラズマなのです。つまり、淋病でもクラミジアでもないのに何か症状がある気がする、という悩みがある方はマイコプラズマやウレアプラズマの感染がある可能性が高いと言えるでしょう。詳しい説明はこちら

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマはイボを作るタイプのHPVというウイルスの感染によるものです。イボはもちろん、かゆみが症状であることもあります。詳しい説明はこちら

トリコモナス

トリコモナスはウイルスや菌ではなく原虫です。性行為により感染します。生きている原虫を手のひらに乗せても感じるくらい、その原虫の動きは痒いらしいです。詳しい説明はこちら

ヘルペス

水泡をつくるのが特徴で、性行為によって感染します。ヘルペスは一度体内に入るとは自然にいなくなることはなく、神経を伝わって腰にある腰仙髄神経節細胞に潜んだ状態でいます。そして、疲れた時や風邪などで高熱が出た後(体力を消耗した時)神経を伝わって皮膚や粘膜に移動して発症します。はじめて症状が出た時は激しい痛みを伴うため、精神的苦痛は大きく、再発を繰り返すので大きなストレスを背負う感染症です。詳しい説明はこちら

梅毒

今、最も注意が必要な性感染症です。梅毒の原因となるTreponema pallidum(トレポネーマパリダム)はとても感染力の強い病原体で、性器のみならず体のいたるところの小さな傷から侵入しますので、注意が必要です。詳しい説明はこちら

HIV/AIDS/エイズ

HIV感染症は、血液や精液さらに膣分泌物の中に存在するHIV(Human immunodeficiency virus)が、目に見えない小さな傷口から入り込んで感染する代表的な性感染症です。エイズ(AIDS)と混同されがちですが、エイズはHIVが感染する事で免疫機構がうまく働くなり、カリニ肺炎やカポジ肉腫を引き起こした状態を言います。詳しい説明はこちら

カンジダと細菌性膣症は性感染症ではないのですが、症状や検査の内容は似ていることが多いので、説明しておきます。

カンジダ

カンジダの正体は酵母カビの一種で、性感染症ではありません。風邪、ストレス、寝不足、疲労などで体力が落ちた時に症状がでます。中でも風邪、膀胱炎、淋菌、クラミジアの治療で抗生物質を服用した後にカンジダ症になることが多いです。
女性に多い病気で、膣や外陰部に発症します。詳しい説明はこちら

細菌性膣症

細菌性膣症は膣内の常在菌のバランスが崩れて、雑菌が繁殖してしまいとても強い臭いとおりものを症状とします。実は膣洗浄はその症状を悪化させてしまうので、自分では治そうとせず、病院でしっかりと治療することが大事です。自分の体臭ではなく治るコンディションであることを知り、自信を持って輝いて欲しいです。詳しくはこちら

STDあるある

以下のようなことがとても多くあります。多くのSTDは治療すれば治るのです。病院に行かなくても、自宅でこっそり検査する方法もあります。検査して、何か病気があってから病院に行くのでも遅くはないのです。まずは自分の性の健康状態の把握、そしてその健康維持を心がけましょう。

心配していない!
  • 信頼できるパートナーだから病気のことは心配していない!
  • 特にいつもと違った症状がないので心配していない!
自分は大丈夫だと思う!
  • 病気のことは気にしているけど、症状がないから大丈夫だと思っている!
  • 症状はあるけど、友達も同じ様な事言っていたので大丈夫と思う!
我慢している!
  • 症状があるから心配だけど、病院に行くのは恥ずかしいから我慢している!
  • 病院に行かなければと思っているけど、病院に行く暇がなくて我慢している!
  • 家族や友達に知られたくないので我慢している!

将来の家族計画への影響も

20代前半までに危険なウイルスが侵入

10代後半から20代前半の若者に子宮頸がんの原因になるHPV感染が増えているのです。しかし性行為をするようになったら定期的に子宮頚がんの検査をする、という習慣はありません。なので、結婚して妊娠して初めて子宮頚がんであることが発覚することも珍しくないのです。

 クラミジアは症状がないから

不妊治療で見つかることがあるのです。女性の症状はほとんどないから何年もクラミジアに感染した状態でいるということになるのです。クラミジアに感染すると、卵管の炎症から卵管周囲の癒着を起こし、卵管性不妊症の原因になります。

STDから自分を守るためにできること

性行為は盛んに行われているにもかかわらず、性病は恥ずかしい、若い女性が婦人科に行くこと恥ずかしいこと、という間違った風習が性感染症で悩む若者の増加の原因なのではないかとおもいます。

でも本当に恥ずかしいことは、知識が乏しいまま性行為をしてしまうこと、症状があって心配なのに相談できない環境なのです。まずはご夫婦間、親子、または頼れるお友達に相談しましょう。そして、検査をする勇気を持ちましょう。

恥ずかしいことではないのです。正しいこと、強いことなのです。大事なのは知ること。性感染症、性病についての知識をしっかり持った上で、責任のある行動をすれば恥ずかしいことは何もありません。

また、自分に病気が発覚したり、症状が出た時にはすぐにパートナーに相談しましょう。一緒に治すこと、それがいちばん安全でいちばん正しいことなのです。自分だけ直しても、またもらってきてしまうのでは意味がないですよね。

そしてそういうことだからこそ、オープンに話し合いのできる関係、環境こそが本当の信頼のある関係なのではないのでしょうか。

Safer Sexのため

最近、パートナーが代わったので・・・、パートナーが代わるので・・・アイラボの性病検査を希望する人が増えてきました。若者の間にも性感染症に対して敏感になりつつある一つの現象とも思われます。うれしい現象です。少しでもそういう人たちが増え、アイラボのSTDパスポートを確認してから次のステップに行く、そんな未来がアイラボの夢です。

ペア 性病検査

 

bnr_kensa

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら