C型肝炎

C型肝炎ってどんな病気?

C型肝炎概要イメージ

C型肝炎は、C型肝炎ウイルス(Hepatitis C Virus :HCV)の感染で起こる肝炎です。B型肝炎に比べると、性行為で感染する危険性はすくないと考えられていますが、風俗営業従事者(CSW)や男性間性交渉者(MSM)に感染者が多いことを考えると、性感染症の一つと考えられます。

感染しても約1/3は自然に治りますが、2/3のケースでは慢性肝炎の状態になり、その後肝硬変から肝臓がんへと進む危険性があります。


症状

  • 倦怠感(だるい)
  • 食欲不振
  • 症状は乏しい

感染してから数か月後から倦怠感(だるさ)や食欲不振などの症状を示すことはありますが、急性のB型肝炎に比べると症状は乏しく、はっきりした黄疸も見られないので、感染に気付かないことが多いです。

うつる原因

B型肝炎やHIVと同じように、刺青(入れ墨)やタトゥーなど、血液や体液に接する性行為で感染の危険性は高まります。

検査

HCVは感染初期に抗体価は上昇しないので、急性のC型肝炎を診断するには、HCVのRNA遺伝子の存在をリアルタイムPCR法で調べる方法が用いられています。

治療

発症してから12週以降20週までの間に、インターフェロンや抗ウイルス薬の併用療法が行われています。

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら