B型肝炎

B型肝炎ってどんな病気?

B型肝炎ウイルス(hepatitis B virus:HBV)の感染でいろいろな状態になります。
免疫機能が発達した成人な場合は一過性(一時的な)の感染ですみますが、免疫機能が低下した状態の時に感染すると高い頻度で持続感染(キャリア化)になります。
これまでの多くの研究の結果、B型肝炎はHBVが持続感染しているキャリアとの性行為によって感染すると考えられています。
感染によって症状が出る人は30%程で、半数以上の人は症状が出ないまま自然に治ります。
その一方で劇症化する事もあり、そのまま放置すると7割の人が死亡します。

症状

  • 倦怠感(だるい)
  • 食欲不振
  • 関節痛
  • 褐色の尿
  • 微熱
  • 黄疸

B型肝炎の主な症状は倦怠感(だるい)、食欲がない、関節痛、褐色の尿が出る、微熱、黄疸などがあります。このような症状が出てから病院を受診するするケースが多いようです。劇症化(肝炎の状態が悪くなること)するケースでは、死亡率が高くなります。

うつる原因

HBVはHIVよりも感染力が高いといわれています。血液を介して感染しますので、この点においても感染ルートはHIVに似ています。したがって、うつる原因も同じで、性行為による直接接触感染が主な原因になります。性行為は単に粘膜と粘膜、粘膜と皮膚がふれるだけでなく“こずる”が加わりますので、目には見えない小さな傷がつきやすいのです。ですから、コンドームの使用は欠かせないことになります。性行為以外でも輸血や医療従事者の針刺し事故などもうつる原因です。
B型肝炎は、原因がはっきりしていますので、ワクチンは極めて有効な予防法になります。
つまり、お付き合いをする相手がキャリアである場合や、複数のパートナーと性行為をする場合にもワクチンの接種はB型肝炎の予防になります。ただし、すでにHBs抗体を獲得しているケースも多いので、先ずは抗体検査の結果を見て決めましょう。

検査

前にも述べましたが、B型肝炎は、だるくなる、褐色の尿や黄疸が出ますので、症状からもある程度疑うことができます。検査では、肝細胞が障害を受けるため、GPTの値が上昇します。血清学的検査では、IgM型HBc抗体が陽性であることが診断の決め手になります。
また、近年はリアルタイムPCR法を用い、ウイルスそのものを測定する方法も普及してきました。
現在アイラボでは、肝炎関連の検査は受けておりません。

治療

多くの例で自然に回復して予後は良好ですが、劇症肝炎に進まないよう慎重に経過を見守ります。治療や予後に関する詳細はこちらをご覧下さい。

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら