学術・研究発表

アイ・ラボが関係する研究論文

◆クラミジアに関する研究

1.Cytomorphologic and immunocytochemical studies of chlamydial infection in cervical smears.

クラミジア トラコマチス感染に特有な封入体の形態を明らかにし、特徴的な形態を星雲状封入体(Nebular inclusion)と命名した。
Shiina, Y., Acta Cytol 29:683-691,1985.

2.Chlamydia感染を示唆する細胞異型

細胞診でクラミジア感染の診断可能な星雲状封入体は数も少なく、特徴的所見に乏しいため、感染の副所見となる細胞異型に関して研究 した。その結果、実際のスクリーニングでは、軽度の核肥大、クロマチンの増加、核形不整を伴う異型化生細胞が見られたとき、注意深 く星雲状封入体を探すことが大切である。
椎名義雄、依田さつき、他 日本臨床細胞学会雑誌24(4):699-704,1985.

3.女性性器における Chlamydia trachomatis 感染の細胞診とMicro Track 法による診断

1,096名の蛍光抗体法の成績は25例(2.3%)が陽性で、地域別にはS市が8/360(2.2%)、Y市 11/493(2.2%)、O市 6/243(2.5%)と地域間での 差はみられなかった。Micro Track 法陽性25例の年齢分布は30歳までが 1/18(5.6%)で31~40歳 10/331(3.0%) 、41~50歳 11/429(26.%)、 51~60歳 3/248(1.2%)であり、若年者での陽性率 が高かった。
今回の検索では本邦においても欧米とほぼ同じクラミジアの潜在罹患者の存在が示唆された。また、Papanicolaou標本でクラミジア感染 を診断する為には、NI の検出はもとより、化生・修復細胞や幼若リンパ球の出現および一部の粘液に沿 ってのみ球菌状 のものが蜜在する所見は、副所見として重要と思われた。
椎名 義雄、飯島 淳子、他 日本臨床細胞学会雑誌25(6):1035-1042,Nov.,1986

4.女性性器におけるChlamydia trachomatis感染の細胞診

1年前の子宮癌検診でクラミジア感染と診断したが、治療が行われなかった患者が1年後に再度細胞診でクラミジア感染と診断したケースについて報告した。
椎名義雄、宮里良尚 日産婦東京地方会会誌、35(2):225-229,1985.

5.Micro Track法による女性性器からのChlamydia trachomatisの検出

本研究は本邦婦人のクラミジアの罹患状況を明らかにする目的で、産婦人科外来を訪れた2,559名の頸管スミアにMicro Track法を用いク ラミジアの検出を試みた。その結果、107例(4.2%)が陽性を示した。職業別陽性率は学生(14.1%)、風俗関 連営業従事者(10.1%)、自営業者(5.9%)、会社員(5.5%)、主婦(2.4%)で、学生や風俗関連営業従事者で高い傾向を示した。年齢別陽性率は20歳までが9.4%と高く、そ の後は21~30歳(4.9%)、31~40歳(3.1%)、41~50歳(2.1%)、51歳以上(1.1%)と、加齢と共に減少傾向を示した。
以上の成績と我々が既に報告した1,096名に対して検索した成績(検出率2.3%)より本邦30歳以上の婦人からは約2~3%の割合でクラミジア が検出されるものと思われる。
椎名 義雄、武田 敏、岩倉 理雄 感染症学雑誌60(11):1240-1247,1985.

6.EIA法(Chlamydiazyme)による女性性器におけるChlamydia trachomatis 感染の診断的意義

1,888名の婦人科外来患者についてクラミジア感染を検索し、Chlamydiazyme陽性例とMicro Track 法で陽性を示したケースを用いて、2 つの方法を比較した。その結果、Chlamydiazymeはスクリーニング法としての意義はあるものの、最終判定はMicro Track 法が望ましいという結果になった。蛍光抗体法は特異性が高い方法であることが判明した。
椎名義雄、飯島淳子、他 感染症学会誌、62(11):1002-1009.1988.

7.Detection of Chlamydia trachomatis byPapanicolaou-Stained Smear and Its Limitations

クラミジア感染細胞の形態学的研究論文で、これまで報告した星雲状封入体とは異なる構造が頸管円柱上皮細胞出観察された。感染宿主細胞によって封入体の形態が異なることが示唆された。
Yoshio Shiina、et al. Diagnostic Cytopathology, 6(2):148-151,1990.

8.Chlamydia trachomatis感染細胞にみられるNebular inclusionの検出率向上に関する研究

クラミジア感染の診断可能な星雲状封入体をより効率に発見するために、標本背景の所見で重要なリンパ球の核の染色性に着目した研究。
尾野 緑、椎名義雄、他  杏林医学会誌、27:235-240, 1996.

その他

クラミジア感染の診断可能な星雲状封入体をより効率に発見するために、標本背景の所見で重要なリンパ球の核の染色性に着目した研究。
尾野 緑、椎名義雄、他  杏林医学会誌、27:235-240, 1996.

1.婦人科スミアにおけるChlamydia感染の細胞診  1985.
2.酵素抗体法を用いた子宮頚管炎生検組織のクラミジア検出  1986.
3.子宮頸部擦過スミアでクラミジア感染が疑われた症例  1987.
4.Chlamydia感染症の形態学的研究(ヒト子宮頸部にみられたChlamydia感染細胞の超微形態) 1987.
5.婦人科感染症の細胞診  1997.

◆HPVに関する研究

In situ ハイブリダイゼーション法による男女尖圭コンジローマ組織中のHuman Papillomavirus DNAの検出と型同定

男女泌尿生殖器に発生した57例の尖圭コンジローマの病理組織について、ビオチン標識したHPV DNA6/11、16/18、 31/33/35型混 合プローブを用いたin situハイブリダイゼーション(ISH法)によりHPV DNAの存在状態を調べた。

1)HPV DNAは、対象とした男性42例中36例(85.7%)、女性15例中14例(93.3%)、 男女合計57例中50例(87.7%)の尖圭コンジローマ組織に検出されこれらはいずれもHPV DNA 6/11型であった
2)尖圭コンジローマ組織中でのHPV DNAの局在は、大部分のKoilocytosisなどのHPV感染に伴う形態変化を示す部位と一致し、局所性に 見られた。しかし一部症例では散在性あるいはKilocytosisの変化を示さない細胞にもHPV DNAの存在を認めた。
3)50例中1例により男女泌尿生殖器の尖圭コンジローマ組織に、散在性にHPV DNAが検出された。 以上、ISHにより男女泌尿生殖器の尖圭コンジローマ組織より高率にHPV DNA 6/11が検出され、その局在は従来から知られている形態変化とほぼ一致したが、一部Koilocytosis等の形態変化を示さない部位でもHPV DNAが検出されるなど、形態診断上の問題点が示唆された。
計良 恵治、椎名 義雄、他 日本性感染症学会誌 Vol.2、No.1

2.子宮頸部尖圭コンジローマ組織におけるHuman Papollomavirus DNAの局在

Vira-Type Human Papillomavirus Tissue Hybridization kit(東レ、フジ バイオニクス)を用いて16例の子宮頸部尖圭コンジローマ におけるHPV-DNA の検索を行い、以下の結果を得た。

1.子宮頸部尖圭コンジローマ 16例中9例に6/11型 DNAが検出された。
2.HPV-DNA陽性 9例中5例は酵素抗体法で陽性であった。
3.HPV-DNAの上皮細胞層内分布は、上皮細胞層上 1/3に陽性所見を認めたもの3例、上皮細胞層上2/3に陽性所見を認めたもの4例全層にわたり陽性所見を認めたもの 2例であった。
4.Kiolocytosis,dyskeratosis,parakeratosis は、HPV-DNA 陰性例に比べ陽性例に頻度が高かった。
堀内 文男、椎名 義雄、他  杏林医会誌 22(2):89-93 1991.

3.Human Papollomavirus感染細胞の核所見の解析

HPV感染を細胞診で診断するため、核異常細胞の核所見を形態学的に分類し、各々のHPV capsid antigen 陽性頻度を検索した。capsid antigen 陽性の異形成 10例に出現した核異常細胞の核所見で、capsid antigen 陽性率は均質無構造が33.2%、封入体様所見が  48.4%であり、細顆粒状の2.4%や粗顆粒状の1.2%より高値を示した。また、封入体所見を呈した中でクロマチン増量核は50.3%、褐色核は 56.4%と高値であった。 郡 秀一、椎名 義雄、他 J.Jpn.Soc.Clin.Cytol.33(6):1079-1085,1994.

4.ヒトパピローマウィルス感染例における奇怪裸核の出現意義について

子宮頸部 Human Papilloma virus(以下HPV)感染例の細胞診に出現する奇怪裸核(bizarrestripped nucleus,以下BSN)の出現意義につい て細胞形態学的、免疫組織細胞化学的に検討した。

(1)BSNの細胞形態学的所見は裸核として出現し核は分葉状、多核様の奇怪な形態を示した。クロマチンパターンは網目状、融解状構造 の中に粗大なクロマチン凝集塊を伴っていた。
核小体は認められなかった。
(2)BSNは総計24個出現し、HPV-CAは23個(95.8%)が陽性を示した 。
以上のことからBSNの出現はHPV粒子が多数存在するHPV感染症を示唆する新たな細胞所見と考えた。
郡 秀一、椎名 義雄、他 日本臨床細胞学会雑誌 36(2):151-156,1997.

5.In situ hybridization法を用いた食道生検組織におけるHuman Papolloma virus DNAの検出

食道生検組織標本79例を対象に、HPV DNAの検出を試みた。さらに症例別にHPVDNAの頻度ならびにDNA Typeを検索し、食道病変との関係 を考察した。HPV DNAは79 例中11例 (13.9%)に検出され、その内訳は16/18型が 2例(2.5%)、31/33/51型が 9例(11.4%) であり、6/11型は検 出されなかった。扁平上皮癌は 40例中6例(15%)(16/18型 1 例 31/33/51 型が5例)に認めたが、癌組織には認められず、周囲の異形成部位のみに認めた。
以上の成績から、31/33/51型は食道上皮に高い親和性があり、異形成病変の発生になんらかの役割を果たしている可能性が示唆された。
郡 秀一、椎名 義雄 杏林医会誌 27(4):513-518, 1996.

◆ヘルペスに関する研究

1.単純性ヘルペス感染細胞の免疫細胞化学的研究

細胞学的に herpes simplex virus(HSV)感染と診断された患者から得られた婦人科スミアに対し、細胞学的・免疫細胞化学的観察を行った。細胞形態学的にHSV感染初期の像として、核辺縁の好塩基性核内封入体の存在が重要であった。 さらに Papanicolaou 標本において、核の重積性や濃染性核もHSV感染の診断のために無視すべきでないと思われる。
椎名 義雄、飯島 淳子、他 J.Jpn.Soc.Clin.Cytol.25(4):676-682,1986.

◆細菌性膣症に関する研究

1.子宮膣部擦過スミアにおける Clue cell 出現の意義に関する研究

子宮膣部擦過標本 8,824例を用い、本邦婦人における clue cellの出現率、年代分布、細胞診クラス別出現率、好中球の量および性周期との関係について検索した。その結果、clue cellは 300例(3.4%)に出現し、年代別には10代(15.4%)、20代(7.2%) 、30代(2.7%)、40代(4.5%)、50代(2.0%)、60歳以上 (0.3%)と加齢とともに減少する傾向を認めたが、季節的変動は みられなかった。
以上の成績より、若年婦人やクラスⅢと診断されたHPV感染者で出現頻度が高いことから、性行動との関係が示唆された。また、clue cellの出現は、膣の正常細菌叢の乱れを反映したもので、その数の多少にかかわらず細菌性膣症の予備軍として注目すべきであり、臨床医への報告は意義あるものと考える。
椎名 義雄、小林 勲、他 J.Jpn.Soc.Clin.Cytol.34(1):1-6,1995

2.Gardnerella vaginalis 感染における Clue cell の診断的意義と治療の関する研究

婦人性器のGardnerella vaginalis感染における clue cell 出現の関係、帯下の臭気、治療効果およびGardnerella vaginalisの薬剤感 受性について検索した。Clue cell 出現例のGardnerella vaginalis の分離率は 98.1%であった。帯下の悪臭はclue cellを認めた 34.3%に認められた。 以上の成績より clue cell はGardnerella vaginalis感染の診断や治療効果測定の指標になり、膣分泌物に clue cellを認め、悪臭を 伴うケースは適切な薬剤による治療とfollow up が必要と思われる。
小林 勲、椎名 義雄、他 杏林医会誌 27(2):177-184, 1996.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談
アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら