産婦人科の先生方へ

婦人科の先生方へ

適切な標本作製はラボの使命!
精度にこだわったアイラボの婦人科細胞診

椎名義雄適切な標本作製はラボの使命!
アイラボは婦人科細胞診と性感染症検査に特化した登録衛生検査所です。

検査の特徴を一言で言えば、「精度と効率を追求した婦人科感染症の総合検査」ということになります。精度にこだわったアイラボの婦人科細胞診を宜しくお願い致します。

まずは先生のご要望をお聞かせ下さい。
お電話でのお問い合わせ 042-652-0750
メールでのお問い合わせはこちらから

 

椎名義雄のプロフィールはこちらから

子宮頸がん細胞診で不適正標本でお困りの先生!

先生方ご自身の細胞診標本をご覧になったことはありますか?
細胞診検査で「判定不能」が出ると、再採取しなければならず、先生方の負担はもとより患者様に大変な苦痛を強いることになります。ベセスダシステムが採用されても、厳密に判断すると「適正とは言えない」検体は20%~30%存在しています。

不適正標本3枚

細胞診の精度は、「検体の採取」、「標本作製」、そして「細胞検査士によるスクリーニング」の全てが適正に行われなければ保障されるものではありません。先生方は細胞採取のプロ、細胞検査士は標本作製とスクリーニングのプロです。大切な3つの工程をそれぞれのプロが担当することで、不適正標本を0.1%以下にし、細胞診の精度をさらに高めたのが、アイラボ式リキッドベース細胞診です。(第7回多摩ブルー・グリーン賞優秀賞受賞)

アイラボ適正標本4枚

細胞検査士の負担は増えますが、検査料金は通常標本と同じでお受け致します。

出血過多検体でもピンクの液で精度アップ!

正常子宮内膜採取された検体が高度の出血性ならピンクの保存液に、出血がひどくない検体は水色の保存液に入れるだけです。

赤血球や白血球が検体に多く含まれると、目的の細胞は相対的に少なくなり、細胞診精度は低下します。ピンクの液に入れると赤血球が溶血するため、観察しやすく目的の細胞が多量に塗抹されます。

アイラボのリキッドベース細胞診は綿棒採取でもOK!

正常子宮内膜綿棒採取は、妊婦など、出血しやすい患者でも安心して使用できるメリットがあります。
しかし、目的の細胞が綿棒に残存し、効率よくスライドガラスに塗抹されない欠点があります。
アイラボのリキッドベース方式ならこのような問題も解消され、安心して綿棒を使用できます。 勿論、いかなる器具にも対応可能です。

子宮頸がん細胞診でLSIL以上は全て写真付!

報告書には写真付き綿報告書に写真を添付することで、患者様への説明がしやすいとの評価を頂いています。

細菌性膣症の診断は大いに役立ちます!

細菌性膣症の診断細菌性膣症の診断については、婦人科の先生方でも対応の仕方はまちまちですが、当社をご利用になっている先生方からは、高い評価を頂いております。

この病気の診断は、細菌の培養ではなく、細胞診が最も適した診断法といえます。
当社では、極めて初期(軽度)のものを(BV-1)、炎症を伴わないものを(BV-2)、強い炎症を伴うものを(BV-3)と分けているだけですが、特に人工妊娠中絶の予後判定に効果があると言われております。

自分で出来るのが嬉しい!少しでも不安を感じたら、まずは自宅で性病セルフチェック!検査キットのご購入はこちらから

アイラボの性病検査キットならプライバシーも安心!自宅でこっそり検査できます

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら