検査士ダイヤリー

彼女が性病かも!力になってあげたい!

性病から彼女を守りたい

「彼女が性病かもしれないんですけど」という男性からのご相談が増えています

「彼女のことが心配で心配でたまらなくて、彼女の力に少しでもなりたいので、(アイラボの)無料電話相談に電話したんですけど」と言われます。

お気持ちはよくわかります。そして、とても素敵な愛ですね。

でも、電話相談する際は、なるべく性病がご心配なご本人がお電話下さい。

性病は心配な本人が相談したほうがいい理由は、、、

より正しい判断をするためには、いつから、どこが、どんな症状なのかなどの情報が必要となります。彼女を心配する男性の多くがそこら辺がよくわからない状態でお電話されると、このような会話になってしまうことが多いからです。

Case1

男 性「すごく痛いみたいで!」

相談員「どこが痛いんですか?」

男 性「性器です」

相談員「性器のどこですか?」

男 性「・・・よくわからないです」

相談員「なにかできものはできていますか?」

男 性「なんかあるって言ってました!!!」

相談員「どんなできものですか?ブツブツですか?水疱ですか?」

男 性「・・・よくわからないんです」

Case2

男 性「彼女がおりものがおかしいって言うので、性病だと思うんですけど」

相談員「おりものはどんな感じですか?色は?臭いは?かゆみはありますか?」

男 性「色とか臭いとかはわからないんですけど、かゆいとは言ってなかったです」

相談員「おりものの異常はいつ頃からですか?」

男 性「・・・僕が聞いたのは昨日ですけど、その前からおかしかったようなことを言ってました・・・」

思いやればこそ、相手と一緒に相談してみては

こんなあやふやな情報では正しい判断はできません。相手を思いやる気持ちはとても大切です。性病かもしれないという時にパートナーが心配して寄り添ってくれるのは何より心強いと思います。真実の愛がなければ、できないことだと思います。

そこで、あと一歩踏み込んで、当事者である彼女自身にアイラボで相談するように言ってあげてくださいね。もしくは、「一緒に電話してみよう、僕も隣にいるから」と手を取ってあげるのも、とても優しいジェスチャーですね。

大事な彼女だからこそできるあなたの勇気、その優しさ、そしてその愛、彼女にも間違いなく届くでしょう。

性病無料相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談 検査後のお問い合わせはこちら 企業検診のお問い合わせはこちら

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら