検査士ダイヤリー

性周期による、おりものの変化

おりものの変化 性周期 普通のおりもの 異常なおりもの

こんばんは。今日は女性にとっていつも不快なおりものについて、少し詳しく説明してみようかと思います。普通のおりもの、普通ではないおりもの、知っているだけ「私は普通なんだ!」と安心できたらいいですね。

おりものは誰でもあるものなの?

そうですね。女性は生理が始まると、妊娠に向けて体づくりをしていきます。その一環として、女性の体は大事な子宮を雑菌などから守るために常に膣内を綺麗な状態にしようとします。

そのために、周期によっては膣の中を酸性の状態に保ち、雑菌の繁殖を防ごうとしたりしています。そういった分泌物や、雑菌の排泄作用でできるものが「おりもの」です。それなので、おりものは多かれ少なかれ、みんなあると言っても過言ではないと思います。

おりものは性周期による変化があるもの?

あります!女性なら、性周期というのは聞いたことがあると思います。生理の時期、排卵日、聞いたことがありますよね?

生理から排卵日までは卵胞期、排卵から次の生理までは黄体期と言われ、それぞれ違うホルモンが関係しています。それなので、子宮内、膣内の状態もいまどの周期なのかということによって変わってきます。

卵胞期

生理の後の卵胞期はしばらくは快適、と言える時期なのではないでしょうか。おりものは少なめでさらりとしていることが多いので、不快感は少ないでしょう。

排卵期

排卵期の数日はとても粘度が強い、ネバネバしてビヨーンと伸びるくらいのおりものが出ます。これは、普段は子宮の中に雑菌が入ってこないように普段子宮の入り口に栓がわりにある粘液だと言われています。排卵の時期にはこの粘液が取れて、精子が子宮内に入れるようになるようです。

このおりものの状態で妊活をしている人も多いかと思います。ただ、個人差が激しいようで、この状態がよくわからない、という人も少なくはありません。

黄体期

黄体期に入ってしばらくは、またおりものは落ち着いてきますが、生理前になると、今度はベトベトするとても不快なおりものになっていきます。下着に着くと白くべっとりしていたり、下着がベトベトして肌に張り付いてとても不快な時期です。洗濯機だけでは落ちないくらいベトベトすることもあるそうです。

この時期に皮膚炎を起こしてしまうことも多く、その状態での生理への突入、本当に辛いですよね。

正常なおりもののまとめ

ということで、おりものはあるのが当たり前。おりものがあるからと言って、すぐさまに心配する必要はありません。ある程度は健康な証拠です。

酸っぱいにおいがきになることもあるかと思いますが、多くの場合はそれは膣内が酸性に保たれているサインだと思っていいと思います。

ベタベタしたり、無くなったり、それを繰り返して女性は自分の体を綺麗に保とうとしているようです。不快なおりものですが、安心してうまく付き合って行くしかないですね。

私は肌がとても弱いのでおりものシートののようなものはかぶれてしまって使えません。今流行りの布ナプキンタイプのおりものシートなども試してみましたが、やっぱり一番はマメに清潔な下着に替えることですね。

皆さんも、少しでも快適な方法を見つけてお過ごしくださいね。いい方法があったら、ぜひシェアしてください!

次回は、ちょっと普通ではないおりものになってしまうことについてお話ししようと思っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談 検査後のお問い合わせはこちら 企業検診のお問い合わせはこちら

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら