検査士ダイヤリー

性病:マイコプラズマ難民

性病 ウレアプラズマ マイコプラズマ 性感染症

アイラボのHPをよくご覧になって下さっている方はご存知かと思いますが、最近、性感染症としてのマイコプラズマ・ウレアプラズマの感染が増えています。

女性の場合は自覚症状がないことが多いですが、男性の場合は、以下のような場合に、実はマイコプラズマ・ウレアプラズマの感染だったという場合が多いように思います。

  • 「淋菌でもクラミジアでもなかったけど、尿道の違和感がなかなかとれない」場合
  • 「病院に行ったら、“とりあえずコレ飲んどいて”と抗生物質を処方されて、一時的には治ったんだけど、また症状がぶり返して治らない」場合

スムーズに“マイコプラズマ・ウレアプラズマの感染だった”と判明するのは、最初からアイラボの検査をご利用になった方ぐらいで、多くの方が「マイコプラズマ難民」になってしまっているようです。

病院に行って、淋菌でもクラミジアでもなかったけど、尿道の違和感が続くんです。

先日も、「病院に行って、淋菌でもクラミジアでもなかったけど、尿道の違和感が続くんです。」と、男性の方からご相談がありました。薬も処方されたそうですが、全然よくならず、不安が募るばかり。

その男性は、ご自身で色々情報を集めて、“もしかしてマイコプラズマ・ウレアプラズマかも”と思って、病院にご相談されたそうですが、先生(お医者さん)に、
「マイコプラズマ・ウレアプラズマ? マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査は日本ではできません!」と言い切られてしまったそうです。

もちろん、マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査はできます

マイコプラズマ・ウレアプラズマが性感染症という事実は比較的新しい概念なので、ご存じない先生も少なくありません。勉強熱心な先生でない限り、日々の診察に忙殺されて、新しい知識が入ってきていない場合も往々にしてあります。

でも、患者さんにとっては切実な悩み・・・。残念ながら、実施施設は少ないですが、もしかしてと思われる方はアイラボにご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談 検査後のお問い合わせはこちら 企業検診のお問い合わせはこちら

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら