検査士ダイヤリー

ちょっと素敵なお母さん

d09745895beeca59872350efc058a7c8_s

チョット素敵なお母さん

 私の前の患者さんは、お母さんの背中におんぶされているゼロ歳児、2-3歳の男の子、4-5歳の女の子のチビッ子3兄弟らしい。

 お姉ちゃんは慣れたものなのか、静かに治療が終わった感じ。次の男の子は、火に油を注いだようなものすごい鳴き声、さらに背中の末っ子はお兄ちゃんに負けないぐらい元気な鳴き声。それでも3人のお母さんは平然と帰り支度をしていました。

 私も診察が終えて隣の処方箋薬局に入ると、先ほどの親子にまた会った。

「大変ですね」・・・っと声をかけると、顔全面を覆うマスクからわずかに見える瞳が優しく微笑み会釈をしてくれました。

 ふと男の子に目をやると、背中の子の足が気になる様子、「どうしたの?」・・・っと尋ねると、「靴下が脱げそう」と小さな手を一生懸命動かしている。今度はお姉ちゃんが何やら絵本を見つけた様子。そして、「お母さん読んで!」・・・っと。するとお母さんは平然と読み始めたのです。待合室にいた7-8人の大半がお母さんの声に注目したのではないか?

 日本の将来はこんな若いお母さんたちに託されています。

久々に良い光景に出会いました。

頑張れ!

 ふと我に返った瞬間、「こんな子育て中のお母さんが子供を引き連れて子宮頸がん検診に行けるか?」

 自宅でできる子宮頸がん検診でマザーキラー(子宮頸がん)に挑戦!  頑張るぞ!

kit001
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら