検査士ダイヤリー

ペニスのいぼ。まず切除?まず検査?

d05982ad86b43700f1b7442e1fa2e93c_s

アイラボでご相談を受けられたある男性のお話です。

ペニスにイボができてしまって、心配だったけど他人に知られたくないので、自由診療の病院に行きました。

そのイボが、なんであるかわからないままその場で切除。切除してから検査にまわすということで検査代金が5万円。

そのイボがHPVだった場合、さらに追加で検査をしなければいけず、もっとお金がかかると言われ、不安になっての相談の電話をしました。

とのご相談でした。

まず、ほとんどのイボは、HPV感染でできます。それなので、イボを取ってからHPV検査をしてHPVが見つかった場合はさらに検査、という説明では少しおかしいことになってしまいます。

正しい手順としては、まず検査をして、イボの原因を知った上で正しい処置をしましょう。

イボを作るタイプのHPVの多くはがんにならないタイプのものです。HPVの検査をしたら、コンジローマ型のHPVが見つかることは想定内です。

大切なのは、もし、感染しているHPVがハイリスク型の時、つまり、がんを起こすタイプのものであることが一番危険なことなのです。

危険な理由としては、もちろんハイリスク型のHPVを持ったままセックスをすることで、相手の女性を子宮頸がんの危機にさらしてしまいます。

また、切除の方法によっては出血したり、開いた傷ができてしまうことによりHPVが余計に広がってしまう危険もあるのです。

なので、まずは検査をし、正しい処置をすることが大事です。

そしてもしハイリスク型が見つかった場合には、相手の女性にも知らせ、がんから守りましょう。

少し話はそれますが、相手の女性にイボがあった!と思われたとしても、ご存知の通り、女性の陰部はとても複雑で、びらびらしていたり、ぼこぼこしてても、それは個人の体のつくりの違いであって、イボや出来物ではない可能性も多々あります。

まずは自分の身体の心配なことを検査して、結果を見て相手と話し合いましょう。

とにかく、まずは敵を知ってから。無謀な戦いはしない。イボの原因を調べましょう!

アイラボでもHPV検査はあります。実はアイラボの一番の人気商品です!!

男のHPVタイピング検査(ハイリスク+コンジローマ)【キット番号:KIT113】

kit113

税抜き¥17,460

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

性感染症無料相談 検査後のお問い合わせはこちら 企業検診のお問い合わせはこちら

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら