クラミジア(サンプル)

クラミジアってどんな病気?

about

クラミジアは、目のトラコーマや封入体性結膜炎の病原菌として有名でしたが、今では尿道炎や咽頭炎(のどの炎症)といった性感染症(性病)の代表的な病気です。
クラミジアは、細胞の中に入り込んでから増えるまでに最低でも72時間(3日間)が必要ですので、感染して数日から一週間以内は症状がないか極めて乏しいのが特長です。
しかし、クラミジアに感染することで、不妊症やHIVなどのリスクが高まりますので、症状が乏しいからといって安心してはいけません。

男性のクラミジアの症状

standard_m

  • 尿道のかゆみ/不快感/違和感/痛み/うみ
  • 微熱
  • のどの腫れ/痛み

クラミジアによる尿道炎は、淋菌による尿道炎ほど排尿痛はひどくなりませんが、感染後1週間が経ったころから尿道の違和感や軽い痛み、かゆみなどの不快感を訴えるようになり、ペニスを根元から亀頭に向けてしごくとネバネバした「うみ」がでてくることもあります。
また、微熱が出てだるさを感じることもありますが、自覚症状が全くないこともあります。
尿道炎の症状はマイコプラズマやウレアプラズマに感染している場合も同じ様な症状を示しますので、これらの病気と鑑別する必要があります。詳細は尿道炎をご覧下さい。

「のど」に感染した場合は、のどが腫れたり、痛みを感じることがあります。
ほとんどの場合は「自覚症状が軽い」ので、病気をそのまま放置してしまい、大切なパートナーにクラミジアをうつしてしまう危険性があります!



▼男性の症状についてもっと詳しくみる

軽い尿道の痒みや不快感を感じる場合も

分泌物(うみ)を確認する際は排尿後をさけ、できれば朝、排尿前に尿道に溜まった分泌物を調べるのが望ましいでしょう。
検査を受ける際にも同様に朝の排尿前に採取するほうがクラミジアの数も多く、より正確な結果を得ることが出来ます。

男性の尿道炎について

男性の場合、淋菌が検出されない尿道炎「非淋菌性尿道炎」が約70を占めますが、その中で淋菌もクラミジアも検出されない「非クラミジア非淋菌性尿道炎」が30%-50と言われています。

その、非クラミジア非淋菌性尿道炎で最も注目されているのはマイコプラズマとウレアプラズマです。

これらの感染症について、日本ではあまり重要視してこなかった経緯があり、診断や治療が欧米に比べて遅れている現状があります。また、治療してもなかなか治らないという多くの声があり、今後注目されていく病気の一つと思われます。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎と診断された時は、マイコプラズマやウレアプラズマの検査を積極的にされることが重要です。

アイラボでは、マイコプラズマやウレアプラズマの関与に注目し、2013年より性感染症検査の一つに加えました。

これまでにマイコプラズマやウレアプラズマの検査した数はまだ少ないのですが、検査した人からの検出率は65%程に達しています。これから注目される性感染症になる気がします。


女性のクラミジアの症状

standard_w-1

  • オリモノが増える
  • セックス後の軽い出血
  • 性交痛
  • 下腹部の痛み
  • のどの腫れ/痛み

 

女性の場合は男性よりも更に症状が現れにくく、かなり長い期間クラミジアの感染に気付かないことも多く、不妊症になってしまいます。病気の初期症状は「“サラサラした水っぽいオリモノ”が増える」「セックス後の軽い出血(接触性性器出血)」が見られる程度ですが、下腹部の痛みや性交の際にこれまでになかった痛みを感じることで異変に気付くことがあります。時には性交後だけでなく、不正出血で驚くこともあります。さらに突然腹痛を訴え、救急車で運ばれる事態(肝周囲炎)になることもあります。

「のど」に感染した場合は、のどが腫れたり、痛みを感じることがあります。


▼女性性器クラミジア感染症に伴う合併症について詳しくみる

クラミジアの感染をそのまま放置すると様々な合併症を引き起こします。
その代表格が、子宮外妊娠や不妊症であり前述の肝周囲炎です。さらにクラミジアに感染した部位にはリンパ濾胞(リンパ球の集まり)が形成されるため、HIVに感染する危険性が通常の5倍以上になるとも言われています。

女性性器クラミジアが引き起こす合併症

子宮の入り口に感染し、増殖を繰り返すことで慢性的に子宮頚管炎の状態になります。感染病巣が膣内に慮出しているため、性交痛(性交時の痛み)や接触性性器出血(性交後に出血する)で気付くことが多いようです。感染病巣は上行性(子宮内膜→卵管→腹腔)に広がり、子宮内膜炎による不正性器出血流産早産、卵管炎に伴う卵管の癒着や閉塞による不妊症子宮外妊娠、腹腔内への広がりによる肝周囲炎等、様々な合併症を引き起こします。

非常に激しい腹痛を訴えて、救急車で運ばれることになってしまいます。
それだけではなく、卵管の炎症から卵管周囲の癒着を起こし、卵管性不妊症の原因になったり、子宮外妊娠の原因にもなります。
また、出産の時に母親がクラミジアに感染していると、赤ちゃんが産道を通る時に産道感染して結膜炎や鼻炎、肺炎を起こします。
sikyu_image

子宮外妊娠

クラミジアは、外陰部や膣のように強い粘膜に直接感染する事はありません。月経のある妊娠可能な女性の子宮の入り口付近はとても弱い細胞でできています(扁平上皮化生)。

クラミジアはこの細胞の中に入り込んで、その細胞の中で72時間(3日)かけて増えます。それが星雲状封入体です。細胞の中が満杯になるとパンクして周囲にクラミジアがばらまかれます。3日ごとにこれを繰り返しますので、徐々に感染細胞が増えるので症状が出てきます。そして、子宮頸部からさらに奥の方の子宮内膜や卵管に感染が広がっていきます。

卵管は精子や受精卵の通り道ですが、炎症が起こると受精卵を運ぶ役目の線毛がなくなったり、卵管に癒着(ゆちゃく)が起きて狭くなると受精卵はそこから先に運ばれなくなるため、その場(卵管)に着床してしまいます。それが卵管妊娠(子宮外妊娠)というもので、母体のとっても大変危険な状態になります。

不妊症

さらに炎症がひどくなって卵管が完全にふさがると、精子も受精卵も通行できなくなるため不妊症になってしまうのです。

肝周囲炎(フィッツ ヒュー カーチス症候群)

クラミジアは先ず子宮の入り口の子宮頸部に感染しますが、徐々に子宮体部→卵管→腹腔へと広がります。おなかの中に広がると肝臓表面に達し、そこで炎症を起こします。

それが肝周囲炎(フィッツ ヒュー カーチス症候群)であり、急激な腹痛を起こし救急車で運ばれることもあります。

産道感染

出産の時に母親がクラミジアに感染していると、赤ちゃんが産道を通る時に感染して結膜炎や鼻炎、肺炎を起こします。そのため、通常はお産の前に感染があるかどうか検査をします。そして感染がある場合は出産前に治療します。


うつる原因

クラミジアは、粘膜に直接接触することでうつります。「口と口」、「口と性器」、「性器と性器」が触れ合う行為、つまりセックスはもちろんのことフェラチオやクンニリングス(口で女性器をなめること)、ディープキスでも感染します。(コップの回し飲みくらいなら安全です)

また、「口と口」「口と性器」の接触で、クラミジアは「のど」にも感染するし、クラミジアが付いた手で目を擦ると目に感染(結膜炎)することもあります。

検査

クラミジアは感染した細胞の中で3日かけて増え、その後大量のクラミジアが尿道や子宮頸管内に放出され感染が拡大します。従って、症状が出始めるのは淋菌より遅れ、1週間から10日ほどかかります。従って、検査の時期は症状がある場合はその時点で、症状がない場合は1週間経ってから検査しましょう。

検査の方法は遺伝子検査が主で、日本ではPCR法とSDA法が広く普及しています。これらの方法は極めた感度が高く綿棒採取検体、尿、うがい液などで調べます。尿道炎や膿などの症状がある場合、原因になる菌は大量に存在するため、いずれの方法でも検出することができます。しかし症状が乏しいケースや全くない時は、検体の採取は慎重に行われなくてはなりません。特に最も簡単な尿で調べる場合は、採取までに2時間以上排尿していない事、出始めの尿(初尿)を採取することが極めて重要です。多く採ればよいのではなく、出始めの尿が最も菌の量が多いのです。それを薄めれば薄まるほど検出感度は下がります。

※「看護師さんに中間尿(尿道の検査ではなく膀胱の検査)を採って下さいと言われました。」「コップ半分(菌が薄まってしまいます)ぐらいまで採って下さい。」等々、未だにこのような事が起こっています。

病院に行く場合

明らかな症状がある場合は病院を受診しましょう。
男性は泌尿器科/性病科女性は婦人科/泌尿器科/性病科で診察を受けましょう。

まず自分で検査したい方

characterはっきりした症状はないが心配、病院に行くのが恥ずかしい、時間がないという方は郵送検査キットが便利です。プライバシーを守りながら自分で、自宅で、簡単にできる性病検査です。
郵送検査3条件(①ちゃんと採取できているか? ②炎症があるかどうか診てくれるか? ③検査後の相談にのってくれるか? を明記した検査キットを選びましょう。


アイラボだからできる!あなたが選ぶ解決法

btn_kitmore01

今すぐ自分で検査をして、その結果を見ながらアイラボの検査士と相談ができるスターターキットです。

検査結果を見ても心配が残る方はアイラボの検査士に「した行為」「心配していること」などを相談することでモヤモヤを解消できます。
検査結果が出る前でも後でも、何か分からないことや不安なことがあれば、遠慮せずに気軽に無料相談をご利用下さい。

アイラボスターターキットはこちら

【男性用】
性器と咽頭の状態(炎症の有無や他の感染症の有無)を観察し、同時に淋菌とクラミジアの感染をチェックするキットです。
【女性用】
膣内の状況を総合的に顕微鏡で観察し、同時に淋菌、クラミジア、トリコモナス、細菌性膣症、カンジダの感染を調べるキットです。
アイラボの知識と経験を最大限に生かした経済的な検査キットです。

btn_kitmore02

相談は恥ずかしい。
でも自分でしっかり検査をしたい方のための検査です。

性行為後に考えられる病気をフルにカバーできるプレミアム検査キットです。もちろん検査で悩みが解消されないときの無料相談もついておりますので安心です。
【注意】HIVと梅毒の検査については、抗体価が上昇するまでに個人差がありますので、おおむね1ヵ月以上経過した時点(早く知りたい時)と3ヵ月後に検査を受けましょう。

治療

マクロライド系、キノロン系、テトラサイクリン系抗生物質が有効で、ジスロマックまたはジスロマックSRなど多く投薬されます。 詳細は「治療については性感染症 診断・治療 ガイドライン 2016」を参照して下さい。

治療の後は完治確認検査キットでちゃんと治っていることを確認しましょう。

▼クラミジアについてもう少し知りたい方

クラミジアとはどんな病気か

性感染症(性病)ナンバーワン
10~20代の感染者数が最も多く、自覚症状がない場合も

クラミジアとは?

 

クラミジア

アイラボの所長 椎名が発見・命名した星雲状封入体です。 細胞に感染しておよそ3日が経過した状態です。

一般にクラミジアと呼ばれる病原体は、クラミジア トラコマチス(Chlamydia trachomatis )といい、直径0.3ミクロン程の細菌の仲間です。膣や子宮、男性の尿道、そして咽頭(のど)に住み着き、性行為による直接接触性の感染です。

具体的にはコンドームなしの性行為により、男性の尿道分泌物から女性の性器に、女性の性器から男性の尿道に感染します。最近、オーラルセックスの流行によって、性器から咽頭(のど)に感染するケースが増えています。

性器や咽頭(のど)感染するクラミジアは、クラミジア トラコマチスといいます。


クラミジアの歴史は目のトラコーマから

第二次世界大戦後までは目のトラコーマや封入体性結膜炎の原因菌として、眼科領域では大変有名な菌でした。しかし、近年我が国では目の病気としての流行はみられなくなりました。

私(アイラボ所長 椎名)がクラミジアの研究をしていた頃、「目のトラコーマについても調べてみなよ」そんな感じの夢を見たのです。翌日大学に出勤して先ず図書館に向かって手にしたのが講談社 医学百科事典。その中に目のトラコーマについての解説ページを見つけました。

日本のクラミジア研究の第一人者である元徳島大学(眼科学)教授三井幸彦先生のページでした。そして翌日には、私は徳島空港に降り立っていました。その時の先生のお話に出てきたのが「日本のように水道が整備されてきれいな水を使って生活できるようになると、目のトラコーマは自然になくなってしまうんですよ」・・・と言われたことが思い出されます。

クラミジアの概要
  • 感染者数No.1
  • 気付きにくい
  • 10~20代に多い
  • 不妊
  • HIV危険度5倍
  • 突然激しい痛み
  • 産道感染


2,008年1月から2,010年8月の期間に風俗営業従事者315名を対象に延べ1,740例について感染症検査を実施しました。この間に細菌性膣症と診断した例が164名(61.4%)と最も多く、次いで性器クラミジア症84名(26.3%)、性器淋病55名(17.2%)、トリコモナス14例(4.4%)でした。私達は細菌性膣症を性感染症とは考えていませんので、性感染症のNo.1はクラミジアでした。

しかし、昨今、この座はマイコプラズマやウレアプラズマにとって代わられたのではないかと考えています。

クラミジアに感染しても女性は気付かないことも多い!

クラミジアに感染した場合、男性に比べ女性では症状が乏しく、気が付かないことが多く、不妊症になってしまう事が多いのです。私(アイラボの所長 椎名)がクラミジアの研究を始めた当初の経験談を紹介します。

1年前の子宮頸がん検診でクラミジアに感染していることを発見し、検査報告書にその旨を記載しました。1年後の検診でまたクラミジアの星雲状封入体を発見したので再度「クラミジア感染です」と報告し、担当医に確認したところ「患者が来なかったので治療はしていない」との事でした。しかし、この時の細胞診の結果がクラスⅢaLSIL)でHPV感染細胞も見られたので、やっと担当医が動き出しました。ご主人から話を聞いてみると、奥さまに内緒で何度も泌尿器科を受診していたようです。つまり男性は症状があるので病院を受診して治療したが、奥様からうつされ病院通いを繰り返していたのです。その2年の間、奥様に自覚症状はなかったとのことです。

当然のことですが、性行動が活発な10代から20代の若者に感染者が多く、前述のように症状が乏しいこともあって不妊症の増加につながってしまいます。

 

クラミジアに感染している人はHIVに感染する危険性が5倍になるって本当?

私が言い出しっぺではありませんが、“すごい発言”と感銘を受けました。

なぜかというと、女性性器の場合、子宮の入り口に扁平上皮化生という活きのいい細胞が露出しています。クラミジアはこの細胞が大好きで、この細胞に入り込んで増えるのです。そうすると、感染した部位(組織)にはリンパ濾胞(リンパ球の集まり)ができるんです。HIVはリンパ球が大好きで、リンパ球に入り込んで増殖します。

つまり、クラミジアに感染していると、HIVが入り込みやすい細胞がたくさん集まってくるため、危険性は5倍になるというのでしょう。5倍か10倍かはさだかでありませんが?

感染の原因

クラミジアは、直接接触することで感染します。
あなたは心配な行為はありませんか?

クラミジアは、口と口、口と性器、性器と性器が直接接触することで感染します。

クラミジアはオーラルセックスで咽頭にも感染します

近年、オーラルセックスは年齢に関係なく概ね90%以上の人が日常的に行っているため、咽頭(のど)にクラミジアが感染するケースが増えています。従って、性器だけに目が向けられがちですが、性器の検査で陰性であっても安心とは言えません。

口だけでのお仕事だから、口だけのサービスを受けたから、大丈夫。そう思っていたら大間違えです。

心配になっても、あなたは一人ではない。専門家がついています

危険な行為をすると不安になり、ネットで調べたことを勝手に解釈して、色々な病気を心配してしまいます。そして、必要もない高額な検査をしてしまう人が大勢います。あなたは大丈夫ですか?

先ずは専門家に適切なアドバイスを受けましょう。

日本性感染症学会認定士による無料相談窓口
クラミジアや淋菌の検査には尿道炎や膣炎、咽頭炎の有無を調べることが重要!

尿道、咽頭、膣の淋菌やクラミジアの検査でクラミジアも淋菌も検出されないのに尿道炎、膣炎、もしくは咽頭炎(白血球が増えている)が見られることは少なくありません。

男性の症状のところでお話をした、非クラミジア性非淋菌性尿道炎”と診断された時は、マイコプラズマやウレアプラズマの検査を積極的にされることが重要です。

このような結果が出た時、アイラボではマイコプラズマチェックをお勧めしています。詳細は性器マイコプラズマ感染症をご覧下さい。

クラミジアの蔓延

女性性器にクラミジアが感染した時、比較的症状が乏しいため、男性に比べて気づくのが遅いことがあります。検査をしなければクラミジアに感染していることが分からないまま何年も経過することになります。

近年、風俗店ではオーラルのサービスが主流になっていますが、のどに感染している場合も症状が乏しく、発見を遅らせる原因になっています。蔓延防止策は定期検査以外に方法はありません。 

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら