子宮頸がん検査をしたい方へ ~自分で採る子宮頸がん検査です~

病院での検診が苦手な人にも公平な検診の機会を提供します。

lbc2

子宮頸がんは、検診を受ければ子宮も命も守れる“特殊ながん”なのです。
しかし、子宮頸がん検診を受ける人は40%程です。
残りの60%の人達はなぜ検診を受けないのでしょうか?
私達が行ったアンケート調査では、恥ずかしい、忙しい、面倒がその理由です。
国や自治体の政策は、“検診を受けましょう”とはいうものの、実質60%の人達は“おいてきぼり”なのです。
検査の方法がないのなら致し方ありません。
しかし、この問題に真摯に取り組み、立派な採取器具が考案されているのです。
それは加藤式採取器具といいます。

子宮頸がん検診とは

我が国の子宮頸がんの検診の歴史は古く、1961年に宮城県から始まり、1982年には”老人保健法”として法制化され、国をあげて組織立った検診が始まりました。そして、1990年までに検診の効果が上がり、子宮頸がんによる死亡率は急激な減少を示してきました。しかし近年、20代から30代前半の子育て世代に際立った増加がみられ、Mother killer(マザーキラー)といわれる癌になってしまいました。

Mother Killer から若者を守る方策は?

”検診”を受ける以外にありません。
ところが、日本女性の検診受診率は欧米に比べて著しく低いのです。

B3C6B9F1A4CEBCF5BFC7CEA8

どのような環境なら子宮頸がん検診を受けますか?

私達は、いろいろなグループにアンケート調査を実施しています。

問.どのような環境なら子宮頸がん検診を受けますか?

1位 病院に行ってすぐ検査ができるのなら

・待っている間に知り合いに見られたくない → 妊娠? 性病などの病気? と思われたくない。
・仕事などで忙しい → 待たされるのが苦痛

2位 女医さんなら

・男性医師に比べれば恥ずかしくない

3位 心配事を聞いてくれるなら

・せっかくお医者さんに診てもらうのだから、日頃の心配事を相談したい
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
受診率を上げる為には、”無料クーポン”を配布する前に、このような問題を解決する必要があるようです。

4位 自分で採取できる方法なら(自己採取)

・誰にも知られす、恥ずかしくもなく、忙しい人でも気軽に受けられるメリットが大きい

受診率の向上を目指すなら医師採取&自己採取の選択制導入を!
医師採取と同等の精度が保障されるのであれば、採取法の選択制の導入も必要と思います。

日本女性にとって検診が身近なものになるためには、受診のハードル(敷居)を低くしてあげる対策が必要です。自己採取法で検診に慣れ、数年に一度は医師の採取を受けるような誘導法もあろうかと思われます。また、自己採取法でもASC-US以上が5.7%、細菌性膣症を含む感染症で8.7%の受診者が存在しますので、おおむね10%の人は婦人科を受診してもおかしくない結果が得られていますので、自己採取から医師採取への誘導は徐々に進むと思われます。

子宮頸がん検診 どんな方法で検査しても結果は同じ…? そうではありません!

LSILまたはクラスⅢa以上の異型細胞が発見され、精密検査を必要とする受診者の割合(要精検率)でみると、こんなに違います!

採取/塗抹方法 要精検率 引用文献
医師採取/塗抹方法不明 0.2%-2.2%(全国平均1%) 対がん協会報2011年2月1日
医師採取/綿棒採取LBC(H22) 1.82 % 日本臨床細胞学会雑誌50巻(補2)2011
自己採取/加藤式直接塗抹 0.89%-0.9% 名古屋公衆医学研究所提出資料
自己採取/加藤式液状化処理 2.0% 日本臨床細胞学会雑誌50巻(補2)2011
自己採取/採取方法不明 0.36%-0.44% 東京都衛生研究所精度管理報告書29

統計処理方法で多少の違いはあるかもしれませんが、採取法、標本作製法、観察法でこんなに違うのです。特に、自己採取法を導入するにあたっては、採取器具の選定(当社では加藤式)、標本作製法(当社では液状化処理を採用)、観察(スクリーニング)方法(当社は「ASC-USの鉄則遵守」)等、精度向上に十分配慮する必要があります。

加藤式の採取器具を使うだけでは精度は上がりません
(私たちの活動をみてください)↓

細胞診の精度は、細胞採取、標本作製、顕微鏡観察の全てが適切に行われることにかかっています。

細胞採取 (加藤式という自己採取器具で採取します)

”細胞を適切に採れるか”が問題ですが、お医者さんが採るのと大きな差はありません。
B2C3C6A3BCB0C8AFB8ABCEA8600

標本作製 (液状化処理で標本作製を行っています)

手間はかかりますが、採取された細胞を液の中に洗い出し、それを遠心分離した 後で標本を作製します。
B2C3C6A3BCB0C9B8CBDCC8E6B3D3600

顕微鏡の観察 (ASC-USの鉄則遵守)

いくら上手に細胞を採取しても、いくら綺麗な標本を作製しても、顕微鏡で観察する人の能力、経験、責任感など、いろいろな要因で結果は大きく異なってしまいます。
専門的で分かりにくいかもしれませんが、私たちの職場では”ASC-USの鉄則遵守”という言葉が飛びかっています。
一人ひとりが診断する時の意識を集中させているのです。 そうしないと重要な細胞を簡単に見逃してしまうのです。

加藤式で採取→液状化処理→ASC-USの鉄則遵守 →発見率は約2%

精度こそ、私たちプロ集団の誇りです

検査報告書には画像が付きます(細菌性膣症、トリコモナス、カンジダ、など)

異常が見られたときには、報告書に画像が付きます。
顕微鏡で観察できる、異型細胞、カンジダ、トリコモナス などが発見された時

報告書見本

CDB9C1F7BCCCBFBFC9D5A4ADCAF3B9F0BDF1

症状のある方は感染症の検査も同時に受けられます

お申込みはこちらから!

子宮頸癌検査
婦人科トータルセルフチェック

オリモノや嫌な臭いは病気のサインでもあります。
アイラボの子宮頸がん検査は、同時にクラミジア、淋菌、カンジダ、トリコモナス、細菌性膣症 などを調べられるのが特徴です。

悩んでいても何の解決にもなりません

shiina日本性感染症学会認定士が無料でお答えいたします。
アイラボでは「日本性感染症学会認定士」という、STDについて総合的に判断することができる資格を取得して、様々なご相談にお答えしています。

ninteisho

日本性感染症学会認定士第1号(登録番号10C001)

郵送検査の鉄則

お医者さんが採取するのではなく、全くの素人の自分が採取する郵送検査には“郵送検査の鉄則”があるのです。
検体が適正に採取されているかどうかを評価(チェック)することが大前提になるのです。
例えば、淋菌やクラミジアを検査する場合、必ず細胞が採取されているか特別の標本を作製して顕微鏡で確認しています。
このような鉄則なしの郵送検査を受けた場合は全て自己責任になるのです。
アイラボの検査は全てこの鉄則を守っていますのでご安心下さい。
stk_bun_04 bnr_kensa

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら