STDとは? ~性感染症予備知識~

性感染症(STD)とは?

couple_pic

セックス、キス、オーラルセックスなどいろいろな性行為によって感染する病気を性感染症と呼びます。
厳密な意味ではカンジダや細菌性膣症は性感染症ではありませんし、性病と性感染症も細かい定義は異なりますが、ここでは便宜上、性行為に関連の深い病気を性感染症と呼んで紹介していきます。

こんなことってないですか?

心配していない!

  • 信頼できるパートナーだから病気のことは心配していない!
  • 特にいつもと違った症状がないので心配していない!

大丈夫と思う!

  • 病気のことは気にしているけど、症状がないから大丈夫だと思っている!
  • 症状はあるけど、友達も同じ様な事言っていたので大丈夫と思う!

我慢している!

  • 症状があるから心配だけど、病院に行くのは恥ずかしいから我慢している!
  • 病院に行かなければと思っているけど、病院に行く暇がなくて我慢している!
  • 家族や友達に知られたくないので我慢している!

顕微鏡の世界からも

20代前半までに危険なウイルスが侵入

10代後半から20代前半の若者に子宮頸がんの原因になるHPV感染が増えているのです。

感染してからガンになるまでは

7年から10年かかります。例えば15歳でがんに関係があるウイルス(子宮頸がんハイリスク型)に感染すると、20代前半でがんになる可能性があるのです。

クラミジアは症状がないから

子宮がん検診で見つかることがあるのです。・・・と言う事は症状がないから何年もクラミジアに感染した状態でいるということになるのです。性が氾濫している我が国において「性感染症は流感(インフルエンザ)のようなもの」という人がいます。

流感にかかって恥ずかしがる人はいません

流感対策のために予防接種を受けます。
流感にかかると恥ずかしがらずに病院に直行します。

危険を避けることができる

性感染症はインフルエンザと違って危ない行為を避ければ感染しないのです。

  • 危ない行為をしてしまうから恥ずかしいのです
  • 予防接種はありませんが、しっかりした知識をもてばかなり防ぐことが出来ます
  • 知識がなくて危険な行為をするから恥ずかしいのです

危険意識の乏しい国民性

性については活動的だが、日本人ほど無防備な国民はいない。

  • 性感染症は心配だけど、自分は大丈夫!と思うのが日本人
  • 先進国でHIVが増加しているのは日本のみHIV感染者の実数も把握できないのが日本の現状です。

精神面から性の解放を

性に対する興味(関心度)は個人差があります。

  • アクティブ派を恥じる事はありません
  • 性にアクティブな人生を送ることも恥ずかしいことではありません

◆アクティブライフのために欠かせない事

※性感染症にかからないこと、性感染症をうつさないこと

Safer Sexのため

最近、パートナーが代わったので・・・、パートナーが代わるので・・・検査を希望する人が増えてきました。若者の間にも性感染症に対して敏感になりつつある一つの現象とも思われます。

stk_bun_04bnr_kensa

性感染症無料相談

子宮頸がん細菌性膣症カンジダ尿道炎咽頭炎膣炎は厳密には性感染症ではありません。

アイ・ラボ最新ニュース 子宮頸がんは検診で100%防げます 性感染症 相手が増えればリスクも増える

子宮頸癌撲滅キャンペーン

子宮頸癌撲滅キャンペーン
提携医療機関 アイラボ facebookページはこちら
アイラボ無料相談はこちら